上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この映画は劇場で観ないと意味が無い。と考え

今日ひとり映画行ってきた。

早起きして午前中。席が空いていたので前の方の真ん中席をとり

かぶりつき状態で観た。

『かぐや姫の物語』

「今は昔 竹取の翁ありけり・・・」というナレーションから始まり
そういや昔、教科書に載っていたな・・・!と思い出す。



絵のタッチが鉛筆と水彩。

今までに無い手法らしいが、子供の頃に観た『まんが日本昔ばなし』

を思い出す、なんだか懐かしい雰囲気だった。

特に、お爺さんの表情がとても優しく、ああ、この目は鉛筆でないと表現できないな・・・と。


ストーリーは、昔教科書で読んだのと多分同じ。


かぐや姫が、実際地球で生活してるのは5年くらい?

あっという間に成長し、近所の子供たちに「たけのこ」と呼ばれます。

「たけのこ」が笑う度に微妙に成長する様がわかり、飽きさせません。



やっぱりこの作品は劇場ですね。映画館で観るべき!!!




こちらは、手抜きです

パソコンソフト「水彩ライト」で。
かぐやひめのものがたりjpg


映画の後、来年の手帳を購入。

帰り道、靴屋さんへより「誕生月割引」で冬靴を購入。

これで、雪が降っても安心。
滑らない靴

はい。足大きいんです。ほっといて下さい(笑)

さあ、次は年賀状の準備か~~~
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://teru23.blog37.fc2.com/tb.php/322-29dced78
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。